スケッチブック

ゆっくり ゆっくり あるいてこ

殿堂ゼロ 緑単ギフト

ギフトミラン

f:id:kur0key:20170220193910j:plain

『殿堂ゼロ 緑単ギフト』【cd253b31435113a649fd56ae66eae7bd】
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x フェアリー・ギフト
4 x トレジャー・マップ
4 x ベイB ジャック
4 x 未来設計図
4 x ダンディ・ナスオ
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x 密林の総督ハックル・キリンソーヤ
3 x 獣軍隊 ヤドック
4 x 次元流の豪力

 

1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の踊り子マティーニ舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
2 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

 

・デッキの制作経緯

昨今のパワーインフレにより通常環境のデッキをそのまま殿堂ゼロに持ち込んでも撃ち合えることが多いため、おやつCS2017WINTER3人チーム準優勝を皮切りに関西の複数のCSで結果を残していたサンナップ型の猿ループを殿堂ゼロ対応させることに。

殿堂ゼロは呪文vs呪文メタの環境であり、呪文に依存しない勝ち筋を持ったデッキはメタ的に立ち回りやすい。

 

申し訳程度の殿堂ゼロ要素としてフェアリーギフトを4枚投入(当時)し大地サイクリカと回した結果、大地サイクリカと同速(最速4キル、安定5キル)であるが、

①妨害要素の有無(サイクリカ側がエウルブッカの龍解を阻止するために盤面に触れる吸い込むやパーツを抜けるパクリオがあるのに対して、猿側には妨害要素がない)

②要求値の差(サイクリカ側がマナにサイクリカある時に大地を唱えればいいのに対して、猿側はマリニャンからブッカを出し緑のクリーチャーを2体を維持したままターンが返ってくる必要がある)

からサイクリカ相手は不利であった。

 

しかし、サイクリカにない利点として高い打点生成能力があり、またサイクリカ相手に勝つパターンの殆どがベイBジャックやサンマッドの打点によるビートプランであったため、トリガーを踏むリスクがあっても個々のカードパワーを上げられるビートシフトに寄せるのがいいと判断。

ループの核であるゴエモンキーやコスト軽減絡まない場面、特に後手だと遅さが目立ったジャーベル等を抜き、ギフトと相性が良く緑単色のカードで妨害や展開をこなすミランダやこれまたギフトと相性が良く扉やダーツを完封したり殴り切る際のトリガーのリスクをケアできるヤドック等を代わりに投入した。

殿堂ゼロは特殊勝利が多い関係上、純粋な受け札にしかならない高コストの盤面を返すトリガー(特に呪文系トリガー)は積みにくく、扉やホーブラなどの展開カードになるトリガーはヤドックによってある程度ケアできるため環境に非常にマッチした形となった。

 

・カード解説

4 x トレジャー・マップ

4 x 未来設計図

4 x ダンディ・ナスオ

 

サーチ

基本的にこれのカードを1〜2t目にキャストしパーツを抱え3t目に投げ込むのがこのデッキの勝ち筋。

ダンディナスオで引っ張りたいカードはサンマッドだけであるが、ベイBが立っていると実質G0でありヤドックやミランダを展開する時のコストや打点となる。

 

4 x フェアリー・ギフト

4 x ベイB ジャック

4 x 原始 サンナップ

 

展開補佐

ベイBはループするカードのイメージが強いがWブレイカーを持っており展開&高打点のカードとして扱っても強い。

サンナップはベイB下で打点の持つラララライフとなりサンマッドに進化できるこのデッキの核。

 

4 x S級原始 サンマッド

4 x 密林の総督ハックル・キリンソーヤ

3 x 獣軍隊 ヤドック

4 x 次元流の豪力

 

サーチや展開補佐から展開するカード。

サンマッドは基本1枚でいいが2枚あるとサンナップ複数絡んだ時相手のトリガーをケアしやすくなる。

キリンは追撃やサンマッドを出すカードの追加。

ヤドックやミランダはベイBやギフトが絡まないと基本出てこないので出せるように各種サーチを駆使する

 

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX

 

ダーツデリート相手の事故防止。

サンマッドは基本1枚あればいいので封印落ちは殆ど気にならない。

殴るデッキである以上トリガーホーブラからデリートが捲れるのは仕方がない。

 

・次元

ミランダから出るやつで使いそうなのをピック。解説は要りそうなのだけ。

 

1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン

 

相手のオリオティスを見たカード。

ミランダからブーグレを出して相手のオリオティスを処理する行動は、サンマッドによって盤面に触りやすいこのデッキにおいて損である。ミランダを出すためのベイBが覚醒に反応するちょうど6000のパワーを持ってるため、オリオティスを出されたらミランダからはこれを出して打点を作りサンマッド絡めて殴りに行くことになる。

 

2 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

 

1枚パックンとの選択肢であるが大地サイクリカを見た際2枚いるのと1コス上昇とタップインが果たす役割は殆ど同じでありパックンの優先順位が低いため。

大地サイクリカのマナを起こす役割がサンナップであれば2枚並べる事で大地で除去されてからループを防ぐことができる。エクスの場合仕方がないが、マナに無い時の大地除去→大地アマテストーンサーチを2体並べる事で防ぐ役割が一応ある。

 

フィーバーナッツや母なる大地を絡めた特化猿ループは試してなくてわからないので誰か代わりにやってください。

 

 Special Thanks (というか製作者) しあさん

 

2017/4/18 追記

4 x ダンディ・ナスオ → 4 x 桜風妖精ステップル

 

禁断のところで書いたように基本的にサンマッドは1枚で足りるため、ブーストによって展開をベイBやギフトに依存しなくて済むようになるステップルへ。

殿堂ゼロでステップルが破壊されそうな対面はガチャ相手だが元々不利なので割り切って他に強くした方がよい。